導入事例
メガネのアイガンヨドバシAKIBA店
店長 市野沢 克也様

秋葉原駅の目の前、多くのビジネスマンで賑わっているアイガンヨドバシAKIBA店。
大型家電量販店の7階にある店内は、明るく開放的な雰囲気。通勤やお買物の途中にも便利な立地で夜22時まで営業しています。

Tポイントの導入が決定した際の印象はいかがでしたか

私自身もTカードは持っていましたし、非常に認知度が高いポイントカードですので、集客にプラスになるだろう、と思いました。当店のお客様は30代~50代の男性が多く、Tポイント保有者層ともマッチしているので、期待できました。

お客様の反応や効果はいかがですか

折込みチラシやDMでもTポイント加盟店であることはご案内させて頂いていましたが、場所柄、新規のお客様も大勢いらっしゃいますので、当初は「Tポイント使えるの!?」という驚きの声が多かったですね。
また、導入してみて分かったことはTカード保有者の多さ。実に、7割のお客様が提示してくださいます。また、外国人のお客様が多いのも秋葉原の特徴です。日本に住んでいらっしゃる外国の方の多くがTカードを活用されていますよ。
当店はメガネ、サングラス、コンタクトレンズ、補聴器等の取り扱いがあります。メガネはやはり高価で、1万円前後~2万円くらいが最も売れている価格帯。この価格帯でポイントが付くのは大きいですよね。また、コンタクトレンズはリピーターの方が多い商品ですので、1ヶ月に一度や3ヶ月に一度のご購入時にはとても喜んでくださいますね。

お客様とのコミュニケーションはどの様に取られていますか

お会計時の「Tカードをお持ちですか?」、「Tポイントを利用されますか?」などのお声がけは徹底しています。

メガネを購入して頂くということは通常の販売と比べて少し時間がかかります。 その方のライフスタイルやお顔に合ったフレーム選びなどのご相談から、視力検査、ご注文、お渡しまで一人のお客様と長くお付き合いさせて頂く時間がありますので、お会計時に「Tカードをお持ちですか?」というコミュニケーションがとても自然な流れでお話できるんです。

実際に導入されてみて、店舗様側のオペレーションはどう行っていたのですか

アイガンヨドバシAKIBA店はスタッフ全員で11名。シフト制で出勤しておりますので、2~3人に分かれてトレーニングを行いました。一番懸念していた点は、お会計時にひと作業増えるのでお客様を待たせてしまわないか、ということ。当初は少し焦ってしまう部分もありましたが、スタッフ同士教え合いながら、1ヶ月もしないうちに全員のスタッフがすぐに使いこなせました。

Tポイントキャンペーンを実施されていかがでしたか

初期導入時の『ポイント10倍キャンペーン』、『年末5倍キャンペーン』は非常に効果的でした。特に、10倍キャンペーンは大きなインパクトでした。

当店では、Tポイントを使うよりも貯めるお客様が多い気がします。メガネは単価が高めですので10倍キャンペーン時は「こんなに貯まるの!?」と非常に喜んで頂けました。

今後、Tポイント加盟店として行ってみたいことはありますか

現在でもチラシ等でアピールはしていますが、やはりもっと多くの新規のお客様に来て頂くために「アイガンでTポイントが貯まる!使える!」という認知をもっと広げたいですね。
メガネ店はお客様とカウンターでお話させて頂く時間が長いので、大きなのぼりよりもカウンターで目に入る「Tポイントが使えます」という置き型の販促物は非常に効果的なサイズです。業界やサービスによって、路面店や大型モールによって、店舗の売り方もスタイルも様々ですので、それぞれに合った販促やキャンペーンをさらに実施できると良いと思います。

≪編集後記≫
お仕事帰りのビジネスマンが立ち寄り、平日の22時まで多くのお客様で賑わってるヨドバシAKIBA店。店長様をはじめスタッフの皆様の和やかな雰囲気が印象的で、お客様に対しての丁寧なコミュニケーションを見ていると、Tポイント提示率の高さも納得です。