導入事例
カーコンビニ倶楽部株式会社 
代表取締役社長 林 成治様

自動車の修理・車検などを手がけるカーコンビニ倶楽部(カーコン)様。全国にフランチャイズ約1,000店舗、直営5店舗を構える業界最大手のチェーン店で、インパクトのあるタレントさんを起用したCMでも有名ですね。カーコン本部にお邪魔してお話をうかがいました。

Tポイントの導入を検討された経緯と、
導入の決め手を教えてください

導入の経緯として、マクロ的な要因として挙げられるのは、少子高齢化という非常に大きな問題です。また自動車業界の大きな課題としては、若年層のクルマ離れや自動車の販売台数の減少といった問題です。
カーコンビニ倶楽部FC全体としても固定客の年齢が高くなってきており、これはもともとの固定客が年齢を重ねただけで、若い新しい顧客層の開拓ができていないことが要因と考えられます。
この状況下で、お客様のニーズを深掘りすることも重要ですが、何よりも、今カーコンにご来店いただけていない顧客層をどうやって開拓するかが課題でした。自社でこれらの顧客層を開拓していくのは、時間も費用も多大にかかることから、共通ポイントとしてナンバーワンの認知度を誇るTポイントが最適であり、特に注目したのは、女性や若年層から強い支持を受けているユーザー属性でした。このユーザー属性を見て即断しました。

導入前、懸念されていたことはありますか? 
またそれは導入後解消されましたか

導入前に懸念していたことは、初期費用として加盟金が必要なことです。フランチャイズという特性上、加盟店の規模やオーナーの考え方はさまざまですので、足並みをそろえてTポイントを導入するには、加盟金がネックになるのでは、と想定していました。
これに関しては、本部が加盟店に代わって加盟金を負担することで、ある程度は解消でき、一気に240店舗がTポイントを導入することになりました。
しかし一方で、カーコンのホームページを見たお客様が、カーコンのどの店舗でもTポイントが貯まると思って来店されたところ、その店舗がTポイント未導入の状況で、「ポイントが付かないがどうなっているのか」とお叱りを頂戴するケースも発生してしまいました。もっとTポイント導入店舗を増やし、「カーコン=Tポイントが使える・貯まる」というイメージを持っていただくことが今後の課題といえます。

各店舗への導入時の連携、導入後の感触はいかがでしたか

導入後から、まずカーコン公式ホームページの店舗情報で、Tポイントのロゴマークを表示してエンドユーザーへ訴求しています。ポイント倍付け等のキャンペーン情報は、各店舗の店舗詳細ページにイベント・クーポン情報として表示しています。
店舗からは、顧客満足度向上という意味で、お客様に喜んでいただけているという声を聞いています。一方、リピーターへのポイント進呈が負担になるという声もありますが、実際にデータを取ってみると新規顧客が大半でした。またTポイントを導入していなかった場合、そのお客様が来店されたかどうか? 他のTポイントが使える店舗に来店したのではないか?と考えると、大きな意味があると思います。
もっと加盟店にも、他社との差別化の重要性を認識していただけるよう、毎年、15都市で開催している「全国オーナー会」でも、Tポイントの導入効果や加盟店の成功事例を紹介しています。

導入後のお客様の反応はいかがですか

お客様にはたいへん喜ばれています。特に板金・塗装は単価も高いので、コンビニエンスストアでは付けられないような、たくさんのポイントが貯まります。女性のお客様には特に好評です。先ほど懸案事項としてもお話ししたTポイントを取り扱っていない店舗でのクレームも、裏を返せばそれだけポイントにこだわってお店を選んでいるお客様がいらっしゃるということだと思います。
そんなお客様のご期待に応えるためにも、カーコンでTポイントが使えるお店をもっと増やしていきたいと考えています。

≪編集後記≫
フランチャイズチェーンは店舗ごとにオーナー様がいらっしゃって、導入時のご説明や導入後のフォローも1店舗ごとに必要なため、ここまでの道のりにはかなりのご苦労があったと思います。
それでもここまで大規模な導入が実現したのは、お客様の満足と、店舗オーナー様の事業の成功を第一に活動されている本部の皆様の強い意志があったからこそ。Yahoo! JAPANも、今後の加盟店拡大に向けて一層のサポートをさせていただきたいという思いを新たにしました。

店舗情報

カーコンビニ倶楽部株式会社
住所:東京都港区港南2-11-19 大滝ビル
店舗数:1,000店舗(うちTポイント加盟店240店舗)
公式サイト:http://www.carcon.co.jp/all/(外部サイト)
代表取締役社長:林 成治様