導入事例
盛紋丸様

激戦区での圧倒的差別化!

私共の店舗がある道の駅・マリンドリーム能生は、安くて新鮮なカニを求めるお客様が、全国から大勢いらっしゃいます。同じカニ屋さんが9軒も並んでいる激戦区なので、各店独自のサービスとして、スタンプカードでポイント付与をやっているお店、販促を何もしていないお店など様々ですが、盛紋丸ではクーポン券発行や、ご利用いただいたお客様へ季節の挨拶ハガキ発送などを行ってきました。
ただ、遥々遠くから来てくださったお客様に、来店時提供できるサービスがなかったので、何かできないかと探していたところ、タブレット端末でポイントがつけられるTポイントを見つけ、これなら簡単に導入できるのではないかと思い、検討を始めました。

導入の決め手はズバリ簡単なこと。お客様に直接声をかけて販売していくアナログなお店ですので、大掛かりなレジの改修を行ったり、新しいシステムを導入したりすることが難しい中、場所を取らないタブレット端末であれば設置が要らないので導入を決めました。

3人に1人は持っているTカード

導入してみると、まずTカードを持っている人の多さに驚きました。
ご購入者の3人に1人はTカードをお持ちですので、こんなに知名度が高いとは、正直驚いています。

お店はひとつの棟でつながっていて、お客様がそれぞれの店内をよく見渡せるように、腰より高い位置にモノを置いてはいけないルールになっています。そのため、大きなポスターやシールなどの設置がなかなかできないのですが、商品近くにTポイントのロゴを置いておくことで、こちらから声をかけなくてもお客様の方からTカードを出して頂けます。

認知度が高くて目立つロゴでもあるし、共通ポイントなので観光客の皆様にも深く馴染みがあるものなんだと実感しています。カニを購入していくお客様には共通ポイントは絶大な人気です。とても喜んで頂けていますね。

タブレット端末も使いやすい

従業員のほとんどが"おばさん"層。当初はタブレット端末の扱いが心配でしたが、数字も大きくて見やすいし、使い方も簡単ですぐに慣れてくれました。
店舗にとって新しいシステムの導入はいつも勇気が要るもの。でも従業員全員が慣れるまでの心配はこの端末に関しては不要です。

実店舗からWEBで購入へ!リピーター確保の実感

一度観光で来店されたお客様が実店舗でカニを購入されて、その後ネットから購入をしてくださる流れができて、お客様をガッチリ囲い込みできていると感じます。
実店舗でのご購入の際にTポイントを使って頂いて、次回は「盛紋丸 ヤフー店」で購入して頂ける、というイイ流れは、実店舗でもネットでも同じTポイントが使えるメリットが大きいことを感じます。お店に直接足を運んで頂かなくてもリピーターが確実に増えている、という実感がありますね。今後もこういった流れをどんどん作っていければと思っています。

店舗情報

道の駅・マリンドリーム能生 かにや横丁「盛紋丸」
住所:新潟県糸魚川市能生小泊3596-2
電話番号:025-566-4321
公式サイト:http://seimonmaru.info/(外部サイト)
店舗責任者:野本 恭子様